寝れない時

寝れない時に寝る方法〜入眠障害〜

「もう布団に入って2時間も経つ・・・」

 

そう感じること多い人は、入眠障害かもしれません。

 

寝てしまえば起きないけど、寝付くまでに時間が掛かる。
そんなタイプではありませんか?

 

焦ればあせるほど寝れないくなるアナタ。

 

  1. 精神的ストレス
  2. 興奮状態にある
  3. 体温が高い

 

こんな事感じませんか?

 

例えば【精神的ストレス】は誰だって生きていればストレスはかかえてしまうものです。
今の寝れない状態も、【精神的ストレス】になりますよね。
悪循環になっているのかもしれません・・・

 

そんな時は、明日のことは忘れてみてはいかがでしょう?
そして、寝なくてもいいんだ!!
って考えてください。寝ようと思うと余計に寝れなくなります。

 

そして、何より布団に入る前にリラックスした状態を作りましょう。
ハーブティーを飲んでみたり、アロマやお香でリフレッシュするのもいいですね^^

 

【興奮状態】にある人も同じで、布団に入る前に、どれだけ精神を安定させ、穏やかな気持で過ごすかが、キーポイントになります。

 

ぜひ、リラックスした状態を作り出せるように、ある程度の時間になったら、気持ちを切り替え、寝るための心の準備を始めましょうね。

 

そして、【体の体温が高い】場合は、体が火照ってしまって、寝苦しいのが原因の1つです。
布団に入る直前に、お風呂に入っていませんか?

 

人間は、寝る前に体温を下げて寝るのが普通ですが、冷え性の方は、普段から体が冷えないように、温めることばかり
考えてしまうこともありますよね・・・

 

体温が高いと、人間は活動時間と錯覚してしまいます。
体を冷やすのではなく、徐々に体をスリープモードに出来るように布団の先から、足をチョットだけ出して寝るなど、
工夫をしてくださいね。

 

もしかしたら、自律神経のバランスが崩れた状態かもしれません・・・・
脚を出すだけで少しリラックス状態になるので、落ち着いてきたら足を布団に入れてしっかり寝ましょう。

 

 

トップページへ戻る