寝れない時

知らなきゃ損!睡眠についてのキホン

生活している中でも、多くの時間を費やす睡眠。

 

この睡眠がうまくいかないと、アナタの人生損ばかりしていることになります。

 

睡眠のキホンを知って、アナタの睡眠の質を改善しましょう。

 

 

寝れないとどうなるの?

心も体も不安定になります。
「脳の疲労回復をする」ことを睡眠中にしています。

 

 

睡眠不足が連続したり、質のいい睡眠が摂れないと、
まずは、記憶力の低下や、ケアレスミスが増えてきます。

 

 

そんなことが続くと、ストレスに感じ、
チョットしたことでも情緒不安定になります。

 

 

そして、怖いことに、体の疲れが取れず、食欲を強めるホルモンが増加!
食欲を抑えるホルモンは減少するので、過食に走ってしまう場合も・・・

 

寝てる間のカラダと脳はどうなっているの?

レム睡眠とノンレム睡眠が交互に行われています。

 

レム睡眠とノンレム睡眠が平均4〜5回、約90分間隔で訪れます。

 

浅い眠りから入り次第に深い睡眠へと
変化します。

 

途中で起きちゃったりすると、睡眠バランスが壊れ
心がうまく作動しなくなったり、整理ができない人間になったりしちゃうんです。

 

※レム睡眠とは、カラダが休んでいるけど、脳は活性している時。
眼球が動いたり、夢を見たり、カラダがビクンッ!ってなったり・・・

 

※ノンレム睡眠とは、深い睡眠時で、脳もカラダも休息している時のこと。
爆睡したと思うときは、このノンレム睡眠がうまく行ってる時です。

 

しっかり寝れたとセルフチェックできる方法

まずは、、

  1. 一度も目が覚めない
  2. すぐ寝れる
  3. 目覚めがスッキリしている

 

コレができていると、
グッドスリーパー!

 

睡眠時間が少ないとしても、
翌日に疲れを持ち越していなければ
質のいい睡眠がとれている証拠。

 

アナタは日中元気に活動できていますか?

 

 

寝ても寝足りない!

自律神経のスイッチが
ON/OFFうまくできていないかも。。

 

寝るときにしっかり休息
取れるようにするには、この
自律神経のスイッチを
うまく切り替えなければなりません。

 

リラックスしたいときに、興奮状態に
あったりすると、いつまでも脳が
活発に動いてしまい、
浅い眠りのまま起きることに・・・

 

その結果、目覚めが最悪に
感じてしまうのです。

 

理想的な睡眠時間って7〜8時間?

理想的な睡眠時間は、個人で差があります。

 

時間にとらわれるのではなく、
質を重視しましょう。

 

ある研究結果では、睡眠時間は
DNAから来ていると言われます。

 

長い時間寝るといいのではなく、
個人個人で自分にあった
睡眠時間を摂り、質の良い
睡眠を摂リましょう。

 

すると、カラダや心のバランスを
保つことができるようです。

 

時間にとらわれず、
質を重視した睡眠を摂りましょう。

 

(ちなみにわたしが、一番ベストな
睡眠時間は、7.5時間位です)

 

眠いとカラダがポカポカしてくる

体温を下げるために、熱を放出してるから。

 

体温が下がると、人間は眠くなるように
作られています。

 

でも、冷え性の人がなかなか寝れないのは、
カラダが冷えてることで、熱の逃げ場が無くなり、
睡眠スイッチが入らないから。

 

冷え性の人は、手指、足先等を、
優しく温めてあげると、入眠スイッチが入る人も。

 

いかがでしたか?

 

まだまだ、睡眠トレビアは沢山あります。

 

睡眠を知ることで、あなたの睡眠の質が少しでも上がるといいですね!

 

これだけじゃ、睡眠の質が上がらいって人は、こんなのいかがでしょうか??

 

睡眠の質を上げるには・・・