寝れない時

寝れないから朝が辛い日々・・・

寝れない時寝る方法

現在、37歳のパート主婦です。家事と仕事に追われ毎日忙しくしています。
そんなわたしは約3年間不眠症に悩んでいました。

 

 

悩み色々挑戦してきた結果、寝れない時に寝れる方法がわかりました。

 

実は寝れない時、あることをするだけで、
簡単にぐっすり寝付けるようになったんです。

 

寝れない今に試して!緊急処置方法

 

いま寝れないなら是非、以下の方法を試してくださいね。
個人差はあるとは思いますが、ほんの少しでも睡眠の入り口を作れる、なるほど的なことばかりですよ♪

 

布団の中で赤ちゃんに戻る

寝れない時寝る方法

 

股の間に、できれば存在感のある毛布や布団を挟んでから横向きになる。

 

これだけでも十分に気持ちが安定して、リラックス状態に
なるはずです。

 

毛布などを足に挟んだらそのまま抱きかかえる感じで、
ギュッと布団を抱きしめてみましょう。
そして、体を丸めてみると「胎児のポーズ」になります。

 

胎児のポーズは深層心理的なところで安心感が増しますので、是非試してくださいね。

 

部屋を真っ暗にしてみる

寝れない時寝る方法

 

大抵、不眠気味の人の部屋には何かしらの
明かりが付いていることが多いようです。

 

もちろん窓には遮光性カーテンで外からの光を入れないように
していますよね?

 

そして、一番多い明かりが、家電製品の小さな明かり。

例えばテレビの小さな丸い光とか、こだま電球とか・・・

 

 

真っ暗だと怖いっていう人も居ますが、その些細な光が睡眠バランスを崩している原因でもあります。

 

わたしの場合、寝る前にテレビの小さな光のところに物を置いたり、マスキングテープで隠したりしています。

 

割りと、待機電力って睡眠の邪魔。部屋の中の小さな光は遮断してくださいね。

 

今開いているスマホも充電中のランプが目に入る位置に置かないことがいいですよ。

 

味噌汁を飲んでみる

寝れない時寝る方法

 

味噌汁には、睡眠ホルモンの【メラトニン】を分泌させるアミノ酸が含まれています。

 

アミノ酸をとりつつ、体を内側から温めてくれる味噌汁は、
夜中に飲んでもカロリーが低いので安心できますね。

 

以上の方法で、とりあえずは寝れるかどうか試してみてください。
参考になれば幸いです。


どうでしたか?寝れるようになりましたか?

寝れない時寝る方法

上に書いている方法で、一時的に寝れないという症状であれば寝ることが出来るかもしれません。

 

ただ、やっかいなのが・・・

 

    • 寝れない状態が続いている
    • 慢性的になってしまっている
    • 不安なことがあり考えて寝れない

という、あなた。

 

今までずっと寝れなかったのに今すぐに寝れるようになれるか?
といえば、今すぐにっていうのは難しいのかな?と思います。

寝れない時になる方法

 

睡眠には普段からの生活改善が必要です。
もちろんストレスで寝れなかったり、わたしの様に精神的な問題から眠れない人も沢山いるでしょう。

 

不眠状態を劇的にいい方向に変えるには、普段から睡眠ホルモンが出やすい体に変えることが一番の近道!

 

睡眠ホルモンを出すのって、普通の食生活からはとりにくいものも多くあります。
だから、【体の中から睡眠に適した体質に変えていく】

 

これが結果的に、毎日快眠できるようになる方法ということに気づきました。

寝れない体質から寝れる体質に変化させる

寝れない時になる方法

寝れない体質から寝れる体質に変化させるために、まずは出来ることからはじめました。

 

その1つとして【生活改善】をスタートさせました。

 

わたしは仕事柄、早番・遅番とあり、起きる時間もバラバラで、
寝る時間もバラバラ・・・

 

食事を摂る時間も、いつも違います。

 

そんな不規則な仕事でもできる【生活改善】として始めたのが

 

  • 同じ時間に起きること
  • 朝食を摂る
  • お風呂は38〜40℃で30分程度入る
  • 寝る3時間前にはリラックスモードへ

 

まずは、上の4つからスタートしました。

 

どんなに帰りが遅くても、寝る前のリラックスタイムには3時間程度の時間を使うようにしました。

 

もちろん、帰りが遅くなるとその分睡眠時間はトータルで少なくなりますが、質の良い睡眠なら、たとえ3時間でも4時間でも「ぐっすり寝た!」って感じることができると思います。

 

はじめに行ったリラックス方法はアロマとハーブティ−

寝れない時になる方法

 

ハーブ専門店で『ぐっすりおやすみしたい時に』というブレンドハーブティーと『ス〜ッとおやすみアロマ』というブレンドエッセンシャルオイルを購入。

 

ハーブティーが苦手だった私も飲めた、美味しいリラックス効果のあるハーブティーです。

そして、アロマの香りで高ぶった神経を穏やかにし、寝るためにゆったりした時間を作っています。

 

ハーブティーとアロマオイルは別記事で詳しく書いています。気になる方はご覧くださいね♪

 


睡眠にとってNGな習慣

寝れない時寝る方法

日中は元気に仕事して、脳やカラダを動かし夜には、副交感神経(寝るための神経)を優位にする必要があります。

 

そのためにNGな週間を一切断ち切りました。

  • カフェイン摂取
  • タバコ
  • ブルーライト
  • 寝酒

この4つのNGはすべてワタシに当てはまっていまして・・・

 

今までは、夜遅くに帰ってもコーヒーを飲んだり、緑茶を飲んだり・・・

 

寝る前に、チョコレートを食べたり、カフェインを沢山摂取していました。それを、夕方以降は摂取しないよう心がけました。

 

布団にスマホを持ち込まない

寝れない時になる方法

 

そして、寝る前のリラックスタイム以降は、スマホをいじらない!
電源を切っちゃっていました・・・

 

初めのうちは、このスマホをいじらないって事が一番苦痛に感じましたが実は、これが一番の原因なのかも・・・・と現在感じています。


睡眠環境改善の方法

でも、やっぱり生活改善だけじゃ、長年の不眠はすぐには良くならないんですよね・・
そこで、わたしは【睡眠環境】の改善もしてみました。

 

枕の見直し

寝れない時になる方法

 

枕が合わないと、ねれなかったり、必要以上に寝返りをうったり・・・
そんな経験ありませんか?

 

枕は、高さや素材で、全く違うものに変化します。
それは、あなたの睡眠にも大切な役割なんです。

 

わたしは横向きで寝るので、寝てるうちに肩や首が痛くなり寝付けないことも多くありました。

 

量販店のやすい低反発の枕を使用していたのですが、枕を少し良いものに変えただけで、寝付きもそうですが朝の起きた時の首や肩、腕の痛みが解消されたのです。もしかしたら、安い市販の低反発枕を使ったりしてませんか?

 

枕と睡眠はとっても密な関係をもっています。

一時期「枕は不要」説がありましたが、あれは間違っています。
どんなに低い枕でも、枕は必要なんです。

 

枕がある事で、背骨にある神経の副交感神経の圧迫が少なくなり、寝れるようになります。

 

高枕など、あまりにも酷い枕は論外ですが、
自分の首にあった枕を探すというよりも、寝る姿勢に合わせて枕を選ぶことをオススメします。

 

寝付きが悪い人は、仰向けでは無く横向きで寝ましょう。
横向きになり少し体を丸めて寝ると、とっても寝やすい状態になります。

 

仰向けだと、呼吸が辛くなったりしますが、横向きだと、リラックスできるのでオススメですよ。

 

 

横向き専用枕等もあるので、横向き枕で寝てる時の痛みから開放され安眠しましょう。

 

私が寝れるようになった愛用枕について

寝れない時になる方法

枕って、安いものだと1000円以下のもの等、多く出回っていますよね。
でもそれは既成品であって、あなたの頭の形や、首の長さ、大きさなど
にあっていない枕なんです。

 

「枕が原因で不眠症・・」って人も今は多くいます。
少し値は張りますが、睡眠に適した枕が今では安く買えます。

 

睡眠を考えると、枕選びは重要なんですね。

 

上にも書いてありますが、寝れない時に横向きになって寝ることをオススメします。

横向きで寝ることで、背中の圧迫が無くなり、副交感神経が働き、安眠へと誘います。

 

東洋医学で理想の寝方とされる横向き寝をサポートする枕

 

カラダの中からサプリで睡眠改善

寝れない時になる方法

今は睡眠サプリも多く発売されていますね。
薬局で変えるものや通販で気軽に購入できるもの。

 

その中で、緑茶などに含まれているアミノ酸「テアニン」が良いと言われ飲んでいるのが『NEMULINA』(ネムリナ)です。

 

お茶などに含まれる成分の「テアニン」をカフェインを含まない状態で飲みたかったのでコチラのサプリを買ってみました。

 


page top